ミニマリスト1年生が【2017年やめて良かったこと】7つ

good-to-quit

はいどうも、榎枝タカアキ/タツ氏です。今回から挨拶していこうと思います。

毎年、「買ってよかった」シリーズが多くのブログで書かれますよね。僕も書こうかなって思ってるんですけど、その前にまずは、ミニマリストらしく

やめて良かったこと

を書こうかなと。

1年もあれば色んな変化があり、振り返ってみないとそれが当たり前になってしまい、せっかく当時は大きな変化だったとしても、時が経つに連れて「どうってことない変化」になってしまうのは、ちょっともったいないなって気持ちもありまして。

せっかくの個人ログだし、やめたことで変わったこと・良くなったことに絞って、自分の中でランキングしてみました。

ミニマリスト1年生が、2017年やめて良かったこと7つ

7位 普通の財布をやめた

dash-4-reason

今年の夏まで、僕は普通の長財布を使っていました。

が、4月辺りにミニマリストに目覚めてからは、「デカい財布はデカい」ということに気付き、買い換えることに。

買い替えを考えた時点で小銭入れは持っていたため、新たに買う財布に求める機能としては

  • お札が入る
  • カードが入る
  • ポケットに入れてもかさばらない

の3本立てが必要だなと。Amazonとかで探しても“全然見つかる気配がない”ことを一瞬で察した僕は、RAKUNEWなどのいわゆる“キックスターター”から探すことに。

色々検討して、最終的に買ったのがDash4.0っていう、まさにミニマリストのための財布のような財布。以来、今日まで新たな財布としてめっちゃ便利に使ってるって話です。

参考

ミニマリストのための財布。Dash 4.0を買いました。TAZLOG

6位 映画館に行くのをやめた

やめたっていうか、外出るのがマジでめんどくさくて……←。

今僕実家暮らしなんですけど、とにかく映画館までが長い。40分くらいかかる。

仕事内容的にも、外に出る必要がないため、都心部に出るのってかなり稀なんですよね。だから自然と映画館に行く機会がなくなっちゃった、みたいな。

基本的には↑の理由が大きいんですけど、それと「レンタル開始までのスパンが短くなった」っていうのも映画館に行く機会を減らした要因でもあります。

最近は3ヶ月とかそこらで劇場公開作品がレンタル開始するんですね。更にAmazonビデオで300円〜くらいで観れるので、もう好きな俳優、好きな監督の作品でもない限り、わざわざ行く必要もないのかなって。

スター・ウォーズみたいな「映画館でこそ!」みたいな映画は映画館行きますけどね。昔は年間40作くらい観に行ってたんだけど、今年の下半期は多分一回も行ってないような…。

5位 モノを持つのをやめた

今年の4月から、…理由は完全に忘れたんですけど、ミニマリストにハマりまして。特に「ミニマリストしぶのブログ」さんは穴があくほど読み込みまして。

まあね、とにかく断捨離をしました、今年は。部屋はスッキリするし自分の行動はよりシンプルになるし、ミニマリスト1年生の私、良いこと尽くめでした。

4位 Twitter:1つのアカウント制限をやめた

これまでTwitterは1つのアカウントしか使ってこなかったんですけど、つい1ヶ月前から複数アカウント利用をするようになりました。

僕は洋楽が好きなので、洋楽の話を結構つぶやきがちだったんですね。で、ある日「Twitterで音楽アカウントのフォロー数を増やそうかな」って思ったんです。

それで検索したところ、「この人、音楽好きなのは分かるんだけど、日常的なことめっちゃ呟くやん…」とか「映画も時事問題も何でも話題にして、何かボヤケた人だなぁ…」とか。

話題があっちこっちに行ってるのを見ると、何だかフォローする気が失せてしまったんです。…それでよく考えたら、「あ、自分全く同じことしてた」って気付いてしまいまして。

それでようやくTwitterの複数アカウント利用を開始したんですけど、これがもう楽しくて楽しくて。

  • 音楽のアカウントは音楽のことを存分に呟ける・RTできる。
  • 日常アカウントは音楽アカウントではできなかった、色んな記事への感想を書ける。

小説アカウントは…。映画は……。と、全く遠慮せずに気持ちよく呟けるようになったんですね。

これができるのは、自分が「それ専門の人だから」っていう認識と「それを求めてフォローしてくれる人がいるから」っていうのが大きいのかなと。今年は改めて「Twitterって面白いなー」と素直に楽しめたなって。

参考

Twitter:複数アカウントにした理由&感じた変化と利点TAZLOG

3位 コード類をなくし、Bluetoothに

ミニマリストの話ですけど。

たとえばパソコンに繋げてたスピーカーをBoseのBluetoothスピーカーにしたり、外付けHDDを外したり。とにかくひたすら、コードというコードをちぎっては投げ、ちぎっては投げ。

そうすることで完成したユートピア。うちのデスク上には、コードが存在しなくなりました。

Macとかスピーカーとか、充電がなくなってきたらさすがにコードないと無理なんですけど、それでも普段机の上にコードがないっていうのはめちゃくちゃ気持ちが良いんですよ。

今では“当たり前”になりつつあるけど、この感動は忘れないようにしたいな。

2位 仕事内容をグッと減らした

webって色んな仕事があるじゃないですか。僕は20代前半まで飲食関係に従事してたので、自分のweb的適正っていうのがあんまり良くわかってなかったんですね。

だからデザインとかコーディングとか、とりあえず全部触ってみよう!ってことで、今年の始めまで色々模索してたんですけど。これも今年で一気に絞ったなと。今振り返れば、そういえば今年だったなと。

今はライター一本です。その中でもどういう系なのかっていう、自分の中のライター像も出来上がってて。来年はそれに向かってもっと鋭利にやること減らしていく感じですね。

2017年序盤では、予定では来年が「挑戦」の年だったけど、来年は「安定」の年、再来年が「挑戦」の年になりそう…。

1位 CD購入→Apple Musicへ

洋楽大好きっ子なんでね…。年間CD100枚ペースで買ってたんですけど、ちょっとやっぱり出費スゴいし、CDかさばるし…。ミニマリストになっちゃたからには、これちょっとどうにかしないとなってことで、Apple Musicに加入しました。

加入前は「音楽が自分のものにならない」とか「聴き込みしなくなるのでは」とか、色々不安があったんですけど、全くの杞憂でした。

年間の出費も大幅に削減できて、その分ライブ遠征に行ったりグッズを買ったりできまして。さらに、月額980円で新譜も聴き放題ということで、下半期だけで174枚(2017年12月6日現在)もの新譜をダウンロードしてまして。

年間枚数も大幅アップデートで、自分が本当に好きなアーティスト、アルバムはどんななのかっていうのがより明確になって、本当ストリーミングって最高だなってね…。思いましたよね…。

Apple Music加入のおかげで、外付けHDDに入ってたiTunesの音楽も一気に消せたし。…っていうかカルチャーショックでしたね。こんなに世界変わるか、っていう。

やっぱり現代のツールを使うのって大事。

参考

ミニマル化→デジタル化。僕が電子化してきた娯楽たちTAZLOG

あなたは今年、何を捨てましたか?

モノだけじゃなく、やってることも含めて。この一年で、あなたはどれだけのモノ・ことを捨てましたか?

捨てた分だけ、新たに何かを拾える、時間ができる、ということでね。次回更新では、買ってよかったものについて書いていこうかと思います。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です