イルビゾンテの小銭入れを使ってます。もう7年くらい。

coin-purse-il-bisonte

全然手入れしないくせに物持ちが良い。そう、ケチなんです(最近ちゃんとするようになった)。

以前紹介したけど、僕は財布を2つに分けて使ってるんですよね。「“カード / お札”用のDash wallet」と、今回紹介する「“小銭”用の小銭入れ」。

始めは単に「すでに小銭入れを持ってるから」という理由で、カード用の財布を用意すればええやん、って思ってのDash wallet購入だったんですけども。

この編成で使ってみたら、意外と「いんじゃない?」だったので。今回は小銭入れの紹介と、小銭とお札・カードを分けることのメリットなんかのお話をしていきます。

小銭入れは大人へのファースト・ステップ…的な

coin-purse-il-bisonte-internal

完全に“かっこいい”の代名詞。

coin-purse-il-bisonte-back

背後までかっこいいのは、これか範馬勇次郎の背筋くらいのものなのでは…。

なんか…あるよね?

マジックテープから靴紐へ転換するタイミングみたいな。ブリーフからトランクス、ボクサーパンツへ階段登ってく…みたいな。

男にとっての“大人の階段”の中に、「財布として小銭入れを持ってみる」っていうのは絶対ありますよね〜(わかるゥ〜)。

僕も小銭入れの財布をゲットしたのが7年前くらい…20代突入してちょっとしたくらいでしたし。完全に背伸びしてたので、ゲトってしばらくは使ってなかったですね…。

絶妙なサイズ感。革っていうのも良い

coin-purse-il-bisonte-size

ポケットに入れても、(小銭が大量でない限りは)かさばらない絶妙なサイズ感

「手のひら大」サイズなので、持ちやすさも抜群。

今書いてて気付いたけど、これ革だし今からでもちゃんと手入れしたら輝き取り戻すんじゃ…。やってみようかな。

外側はちょっとドス黒い部分もあるけど、中身はまだ「毛の揃ってないガキ」くらい明るいし、改めてじっくり見るとこのバランスちょっとヤバいな(悪い意味で)(手入れしてない自分が悪い)…。

とかって思ってたら、公式サイトに「お手入れについて」のページがあった。これから買う皆は、ちゃんと最初からケアやっていこうな。

中にあるロゴが素敵。

coin-purse-il-bisonte-logo

さすがのイルビゾンテ。ロゴがとにかくカッケーんです。

MADE IN ITALY(HOOOOOO!!!)

小銭入れとお札・カードを分けることのメリット

個人的な使い方になるんですけど。

僕は普段、ほぼ全部の支払いをカードでまかなっていまして。そもそも小銭入れの出番自体は少ないんですよね。

でも、小銭って地味に使うんですよ…!実は…!!

例えば駐輪場。自販機。カードが使えない店。クレジット使うといちいち名前を書かないといけないお店(時間かかるし面倒)などなど。

お札使えば良い部分もあるけど、お釣り出ますしね。それをしまうのに小銭入れは必須ですし。

というわけでね、大半はクレジットカードだったり交通系のICカードだったりで済むんですけど、微妙な「かゆいところ」は小銭じゃないと届かない、みたいなのってあるじゃないですか。

そういう「不安なくし」のために小銭入れ。普段使いの「お札・カード用財布」、的な。

あと小銭入れのメリットと言ったら、もう完全にファッションですよね。持ってるだけでカッコ良くなれる気がする。そういう意味合いのアイテムとしても、持ってて損はないっすよね。

これは確か8,000円とかだったので、あれだったら誰かから誕生日プレゼントでほのめかしてみる…みたいな感じでゲトると良いんじゃないかと。自分で買うには中々手が出にくいアイテムではあると思うので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です