iPhoneにスマホケースや液晶保護フィルムを付けない3つの理由

no-cover-nor-film

今日現在(2017年10月4日)、僕はiPhone6sを使ってるんですけど、こいつももう1年弱くらいの付き合いでしょうか。

その間、スマホケースと液晶保護フィルムとか、スマホをプロテクトする要素を付けたことがありません

よくあるマック大好きおじさんの

「デザインが美しいから…(ハァハァ)」

とかそういうんじゃなく、もっと「一つのモノ」として、僕はiPhoneにケースを付けない理由があります。

今回はスマホケースを付けないことのお話を。

iPhoneにスマホケースを付けない3つの理由

どうせ消耗品なのよね

まず、やっぱり一つのモノとして見た場合、スマホって「消耗品」なんだと思うんですよね。

外面だけ守ったところで、毎日利用して充電してって使いますよね。そうして2年も経てば「朝の時間からエネルギー20%」が当たり前に。おじいちゃんか。美容ケアの行き届いたおじいちゃんか。

あと僕はスマホのガラスを割ったことがないこともあって、「ケース不要だわ」って常々思っているのもあります。スマホになってもう10年近くになるけど、一回も割れたことない。だから要らないっていう。

とにかくかさばらせたくない・軽量化

スマホってポケットに入れるじゃないですか。なのに僕が履くパンツって結構スキニーが多いんですよね。

もうね、パッツパツ。しかも人間って定位置に置きたがる傾向があるじゃないですか。だから僕のパンツの右側のポケット、型がクッキリ出るんですよ。

いやね、型が出るだけならまだマシなんですよ。ヤバいレベルにまで行くと、スマホの形に色抜けしますからね。仕舞いには突き破ってスマホちら見せしてきますから。そういうサービス良いから、みたいな。

スマホも昔と比べると圧倒的に細く、軽くなってきたこともあり、最近はそこまでの被害を被ることはなくなってきたんですけど、それでもまだポケットに入れたら

「あ、この人ここにスマホ入れてる!」

みたいに思われるじゃないですか。「あ!ここ進研ゼミで見た!」みたいな反応、嫌なんですよ。

それに加えて、少しでも荷物を軽くしたいからっていうのもあります。ミニマリストぶってるから、外出時は少しでも軽くありたい、的な。

最初っから裸で使っているから(今更メンドい)

いつからiPhoneを使っているのか、もうすっかり忘れてしまったけど、多分iPhone3Gから使ってるので10年弱スマホを使っているはずです。

最初から裸で使っているのもあって、

「今更なによ!」

みたいな気持ちになるんですよね。

液晶保護フィルムも貼ってませんしね。

…正直、これに関しては「貼れたら貼りたい」っていう気持ちはあるんですよ。でもマジで貼るの超下手くそなんスよ…。美女に貼ってもらいたい…(?)。

まあね、どっちも正直「今更やるのも逆にダサくね?」みたいなところありますしね。逆に貫き通そうぜ?みたいな?できないだけ

保存するメリットも最近はあるけど

最近だとメルカリとかのフリマで気軽に売れる分、きちんと保存することに対するメリットも出てきてるのかな?っていう気持ちはもちろんあります。

ただ、それなりの値段で売るには

  1. スマホの回転率を上げる(乗り換えを早める)
  2. 箱や説明書などをキチンと保管する
  3. ケースや液晶保護フィルムを付ける
  4. バッテリーがおしゃかにならないように気を使って充電する

みたいな細やかさが、日常的に必要になってくるわけですよ。

いやいや…向いてないわ〜。。

僕、序盤で「スマホは消耗品」って言ってますからね。

スマホは2年〜で使うしiPhoneの発表なんてまるで無視するし、箱とかミニマリストぶってるから即座に捨てるし、ケース・フィルム付けないし、消耗品だからとバッテリー一切気にせず充電カマしまくるし。

でもね、こういう人がいてもいいですよね。多様化社会なんですから(強引なまとめ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です