Kindle Unlimitedは「雑誌だけ」に絞って使うと超便利

kindle-unlimited-magazine-only

読書ってる?

これを読んでいるあなたは、どんな本をどれくらいの頻度で読んでいますか?

僕の場合だと、朝と晩に、小説と何かしらの本(啓発本だったり雑誌だったり気分次第)を読むように習慣づけているんですけども。

漫画でも小説でも雑誌でも啓発本でも何でも、何かを読むって意外と楽しいですよね。始めるまでは結構アレだけど。

そんなわけで、僕は日常的に本を読んでるんですが、

  • 漫画や啓発本:Kindle
  • 小説:実物
  • 雑誌:Kindle Unlimited(読み放題)

と、購入先はバラバラなんですよね。

漫画は冊数がどうしても多くなるし、だけどかさばらせたくないからKindle電子書籍で。啓発本も同じ理由から。

小説もKindleで良いかなって思っていた時期もあったんですけど、読んでみるとやっぱり実物で読む方がのめり込み度が深いんですよね…。なので実物で。

最後に雑誌。これは最近からなんですけど、Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)っていうAmazon / Kindleの読み放題サービスを利用して購読するようになりました。

それ以前は雑誌なんてほとんど読まなかったし買うことも稀だったんですけども。シンプルライフに憧れだしてから、雑誌からの情報収集も侮れないなってことに気が付きまして。

そんなわけで、今回はKindle Unlimited(以下KU)で雑誌を読むメリットを少し。

KUを雑誌だけに絞って使うといかに便利か、っていうお話をします。

Kindle Unlimitedに不向きな書籍とは

漫画や啓発本は一度しか読まないこともあって、記憶にあまり残らないから不向き。

小説なんてもっての外っすよね。そもそも種類自体も少ないですし。

それに比べて、雑誌は記憶に残らなくても、必要なページだけスクショしたりAmazonの欲しいものリストに保存したりできるので、KUとの相性はかなり良い書籍といえますよね。

漫画や啓発本をスクショしても、一部だけを切り取るだけじゃ意味ないですからね…。

Kindle Unlimitedを雑誌だけに絞るとなぜ便利か

KUは読み放題のサービスで、10冊までしかダウンロード(以下DL)はできません。11冊目をDLするには、それまでにDLした10冊のいずれかと入れ替える必要があります。

たまに入れ替えるくらいなら「別にいっか」ってなりますけど、漫画とかシリーズものだと、かなり頻繁にDLして入れ替えて…、ってやらなきゃいけません。聞くだけでも結構面倒そうじゃないですか?KUで漫画利用したこともあるんですけど、これがマジで面倒で…。

KUで読める雑誌はほとんど月刊誌なので、この手間もそう多くありません。その分ストレスフリー。

また、雑誌のみに絞ってKUを運用することで、小説や漫画などの無駄な誘惑も減るため、時間を取られることもなくなります。

あとは雑誌もかさばる系のものなので。電子書籍で読み放題なら何冊DLしようが重量は変わりません

スクラップもスクショでOKですし、iOS11からはスクショ→トリミングの流れが恐ろしくスムーズにできるようになったので、まじで最高に楽です。

欲しくなったもの・気になるものはAmazonの欲しいものリストへ

DLした雑誌を読んで「これ欲しいな」とか「気になるかも」ってモノが出てきたら、その都度Amazonの欲しいものリストに入れていくよう心がける。

そうすると、雑誌を読んだ結果、生活が豊かになったり「これ買うために頑張ろう」とかのモチベーションに繋がったり。そんなことを期待しています(豊かになれよ)。

モノはAmazonへ、情報はEvernoteへ

Evernote - あらゆる情報をまとめて記憶

Evernote – あらゆる情報をまとめて記憶
開発元:Evernote
無料
posted with アプリーチ

モノは先ほど伝えたようにAmazonの欲しいものリストにぶっこみましょう。

それ以外の情報…たとえばファッションの組み合わせだったり健康的な食習慣や運動手順など。こういった情報はスクショ→Evernoteなどにスクラップすることで、永続的に活用できます。

簡単であり、便利そのもの。KUは月額980円(税込)で読み放題だし、ちゃんとデータとして残していけば、それ以上に大きな見返りを得られそうじゃないですか?まだ記事の途中ですけど、もう登録しときます?

ではリンクをペタッ…と、その前に。

ただし、読む雑誌があるかはキチンと確認すること

当然ながら、読む人によっては「読むものないやんけ!」と、KUに用意されている読み放題対象の雑誌に魅力を感じない場合もあります。

漫画雑誌が読みたくても、ジャンプやサンデーなどの有名どころ(は当然として、マイナー雑誌も)ありませんし、ファッション誌もある程度は厳選されます。

僕も「FUDGEがあれば嬉しいなー」なんて思っていたんですけど、これもありませんでした。

それでもKUを契約した僕が現在利用しているのは以下。

  • 2nd
  • Pen(ペン)
  • MONOQLO(モノクロ)
  • Begin(ビギン)
  • GO OUT(ゴーアウト)
  • LDK(エル・ディー・ケー)
  • Tarzan(ターザン)

ライフスタイル関係やファッション系の雑誌を読んでいます。

他にもガジェット系だったり女性誌だったり色々あるので、KUに加入する前に、まずあなたが「読みたい!」と思える雑誌が複数冊あるかどうかのチェックはきちんとしておきましょう。期待はずれな結果になるのが一番残念ですからね…。

Kindle Unlimited内の雑誌をチェックする

雑誌を読んで沢山のことが変わった

さて、雑誌のみのKU生活を始めておよそ2ヶ月が経ちました。

この間に、欲しいものリストにおよそ30品目が追加され、実際に5アイテムくらい購入に至り、リアルに生活水準の向上を感じつつあります。

ファッションの組み合わせといった情報の面でも、かなり助かるケースが出てきてもいます。

KUはKindleアプリで読めるため、Wi-Fi環境がある内にスマホにDLしておけば、外出先での暇つぶしとしても活用できます。旅行時には、観光誌も一部取り扱いがあるので、一度見てみるのも手。

また、店舗に出向かなくても「こんな商品があるんだ」とか「今のトレンドってこんななのか…」とか、漠然と分かってきます。服などの買い物に行くとき、前日自宅でじっくり検討しておけるので、満足のいく買い物ができるように(結果的に時短になるのもポイント)。

最後に。

僕は雑誌だけに絞ってKUを使うことで、時短にも生活水準向上にもつながりました。しかし、人によっては漫画が大事だったり無料で小説が読めたりが魅力的に移る場合ももちろんあります。

正しい使い方は人それぞれ。

あなたに合ったKUの使い方を探して、上手に読み放題と付き合っていきましょう。

Kindle Unlimited読み放題に加入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です