2018年の目標は170冊以上の本を読むこと。小説・書籍・啓発ないまぜ

vs-read-170-books

趣味で目標を持って挑戦するのって、初めてかも。

はいどうも、榎枝タカアキ/タツ氏です。挨拶もようやく慣れてきたのか、リライト前に入れられるようになりました。

去年は初めて読書を定期的に行うようになり、それなりに小説を読むようになりました。が、今年は全然読めてなかったなあ、と。そんなことを暮れも暮れ。こんなタイミングで思ったわけです。

でも小説を読みたい。もっと定着させたい。っていうか「本」を読みたい。自分、知らないことばっかり。

てことでね、本当にこの脳みそは活きてるのか?と思えるくらい何の知識も詰まってない僕の脳みそを刺激すべく、2018年は読書の年にしようかな、と。そう思っているわけです。

本を170冊読む一年のルール

とりあえず、読むためのルールを決めておきます。

速読はしない

一応、速読をやるだけの知識はあるんですけど、それを使うことはしないようにしようかな、と思っています。

理由としては単純で、「知識を得たい!」以上に

  • 語彙を増やしたい
  • そもそもの読む早さを上げたい
  • 文字を貪る年を体験したい
  • 専門的な知識が欲しい!

こういう思惑があるからです。

月に15冊以上買う

年間170冊以上だから当たり前っちゃ当たり前のことなんですけど、ここ意識しておかないと、多分達成できないんじゃないかなって。

これまでに本に費やした金額って、多分月間10,000円いってないくらいなので、ね?金銭感覚壊してこ?

読んだらブログに書く

読書用のTwitterアカウントもあるし、そこでも感想はツイートするけど、基本的には読み終わったら即ブログに書くようにします。

120冊とかさ、想像もできないインプット量じゃん?出してかないと、多分どっかでパンクして読むのやめると思うしってことで。

これはちょっと変更を加えます。

  • 読んだらツイートする
  • 読了本がある程度集まり、関連性の高い書籍をまとめる
  • ブログに書く

感想はツイッターで。ブログには「情報としての本」という感じでやっていこうかなと。

変更の理由は、「『関連性の高い本』をまとめて紹介していった方が喜ばれるのでは?」ということで。ある程度キュレートしてからブログに書いていきます。

書く場所は、別ブログにしようと考えてまして。まだドメインもサイト名も決まってないんですけど。これは決まり次第ここでもTwitterでも紹介するつもりです。

下半期からは「テーマ」を絞って読む

例えば、小説だったら「アメリカ文学なのか」「チリ文学なのか」とか。読書だったら「経済学なのか」「文化論なのか」、とか。

多分興味がいろんな方向に向くだろうけど、下半期からは一つ大きなテーマを持って読みたいなと。これは「専門性」を持たせたいからっていうのが大きいです。

あとは上半期読んだ本から「自分の本の好み・興味」を知る、っていうのを求めています。

とりあえず読むものはTwitterの「モーメント」に入れてます

2017年時点ですでに入れてますけど。前哨戦として、読むペースを上げるためにも、給料大開放してお金の出費具合を確かめるためにも。

フジロックとかでもありますよね。前夜祭的な。そういうやつです。

まずはひたすら「興味」の向くままに読んでいきます。来年には、何か自分の「これなら語れる!」っていう分野ができてたらいいな。

↓昨日これ注文しました。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です