スプラトゥーン黙示録①エイムは試し打ちで鍛える

splatoon2

先日、任天堂スイッチを買いましてね…。私もいよいよスプラトゥーン・デビューを果たしました!!!16レベルとまだまだだし、自分よりレベルが上な人はやっぱりプレイ時間が違うから、圧倒的な差を感じます…。

それを少しでも早く埋めるべく、今後はゲーム攻略的な感じでメモっていくことにしました。最近ずっとスプラのこと考えてるし、ゲーム実況も辞さない構えになりつつある。

とりあえずそれまでは、記事にして書いていくスタイルで。

エイムはまず試し打ちで鍛えると良い

エイムを鍛えるにはいくつか方法があって、もちろん一番は実践に尽きるんですが、初心者だった自分は役に立たなさすぎ(EDかな?)。危機感を覚えた私は、まずは試し打ちでエイムを鍛えることにしました。

エイムって、つまり

  1. 動き
  2. 上下左右の角度
  3. 攻撃

の3つなんですよ、多分。これ全部を一気にやろうとするから上手くいかないわけです。一つずつゆっくりこなしていって、徐々に早めていけば上達も早いってワケ。

というわけで、試し打ちの特権「動かない的を延々いじめ続ける」を活用し、②と③をマスターしていきましょう。

試し打ちでエイムを鍛える手順

やり方

  1. 最初に撃つ的を射程ギリギリの位置にする
  2. 当てる順番を決める(適当で良い)
  3. 上手く当てられる・慣れるまでひたすら同じ型で続ける
  4. この時、ジャイロ操作感度・操作感度を自分がやりやすい数値に合わせる(+ボタン→xボタン→カメラオプションで変更)
  5. 慣れたら順番を変え位置を変え…ひたすら繰り返す

ある程度素早く倒せるようになってきたら、次は動く的を狙っていきましょう。

上にも登れるので、下でも上でも狙ってイクぅ!!ただ、動く的はちょっと距離的に届かないブキも出てきます。というわけで、ここで①の「動き」も加えて鍛えてイッちゃいます。これも同じく、当たるようになるまでひたすらやります。

どちらにも慣れたら、いざ実践へ。

多分練習の50%も出せないでしょうが、これも繰り返して慣れていったら改善します。とにかく繰り返しやって、ブキを馴染ませていくことが超重要!守っていく道路交通法!入ってみたい鍾乳洞!(?)

実践は重要ですが、スプラトゥーンには過去の試合を振り返る機能がないため、反省会ができないんですよね(振り返られないよね???)……。実践のみでエイムを上げるより、その場その場でじっくりPDCAを回せる試し打ちをやる方が、圧倒的成長につながっていくってワケです。

実際、試し打ちをやってから撃墜数が上がっていきました。実践以外でエイムを鍛えるなら、まずは試し打ちから入りましょう。

試し打ちは時間無制限でいくらでも射撃練習ができるため、

  1. 購入前のブキの使用感
  2. ボムやスペシャルの組み合わせ(攻め方)
  3. 距離感やキルのための弾数
  4. 当たり判定

などなど、色々と確認してから実践へと臨んでいきましょう。エイムが上手になると、“勝ちに貢献できてるな”感がドンドン強くなり、楽しくなってきます。

あと、サーモン・ラン(a.k.a イカバイト)も悪くないかも。自分はまだ研修しかやってないけど、これもほぼ実践だし。仲間は現実だけど、相手がコンピュータっていうのもハードル的にマッチバトルより低いですし。

今日はこんな感じでおしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です