スプラトゥーン黙示録②完璧にマップが頭に入るまで「さんぽ」をする

splatoon2

スプラトゥーンではエイム(照準を合わせること)が非常に重要なんだけど、それと同じくらい「裏取り」、つまり“相手の横〜背後”からの射撃が重要になってきます。

なんでかって、そりゃあもう撃ちたい放題、ダメージの心配なく相手をキルできるとか、もう最高の極みではないですか…。

ただ、普通にプレイしていても、裏取りって結構難しい。適当に戦っていると、いつしか“ゴリ押し真正面特攻カミカゼ・イカ”になってしまいがち。

これを解決するのが“マップ把握”です。

「どのルートから敵陣に入り込めるか」を叩き込んでからナワバリバトルやガチマッチに参加すると、自分でもビビるくらいに敵の背後が取れるようになります。

マップ把握・ルート確保をするには実際にそのステージを練り歩くのがベスト。ということで、バトル前には必ず「さんぽ」をするようにしましょう。

さんぽをするには、ナワバリ・ガチマッチを選択するときに出て来る「Yボタン:さんぽ」をクリック。そうすると、今現在のスケジュールで使われているステージを一人でお散歩できるようになります。

インクを飛ばしながら適当に歩いていると、「あ、ここ飛んだら相手陣地側にいくんや」とか「逃走経路に使えそう」とか「この高台、あの方法以外にも登り方があったのか…」などなど、普段バトル中では見えなかった部分に気が付きます。

バトルの中でのマップ把握も、“ある程度”まではできるんですけど、やっぱりどうしても細かい部分・普段使ってないルートなんかは抜けがちなんですよね。。

さんぽを終えて、実際にバトルに参加してみると、それまでとは全く違う立ち回りになります。これは間違いなくなります。なぜなら知らなかった道を知ってしまったから。

学校の帰り道とかもそうですよね。自分が知らない道は通らないのが基本。ある日好奇心で通ってみて「あ、こっちのが近いわ」とか「コンビニあって便利やんけ」とか、実際に体験すると選択肢が出てきます。

スプラのマップ把握もそれと同じ。

他に

  • 敵の侵略ルートも理解できる
  • チャージャーならどこに居座りたがるか
  • 潜伏するならどこか
  • トラップやビーコンはどこに設置するか

などを考えながらさんぽすることで、より視野の広い戦い方が可能になってきます。

マップ把握は、攻めだけでなく守りにも効果を発揮するってわけです。バトル中にXボタンを押してマップを開くことで、「ここの塗りが甘い」「今攻められてるから戻ろう」とか、チームの動きも絡めた行動が取れるようになってきます。

野良でもスプラはチーム戦術が肝心なので、連携を意識した戦い方をするためにもしっかりとさんぽしてマップ把握をしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です