ミニマル化→デジタル化。僕が電子化してきた娯楽たち

streaming-era

「ミニマリスト」とは関係なく、娯楽のほとんどをデジタル化できるようになった昨今。

僕も今では、当たり前のようにドップリと「デジタル化」に依存するように。

ストリーミング・サービスが出始めた頃の僕といえば、それらに対して「でもそれ、自分のモノにはならないんでしょ?」とか思ってました。……が、この捉え方、根本から間違ってた。考えるべきことは、そんな瑣末なことではなかったのだと。

僕の「デジタル化」元年は、確か2004年。音楽をパソコンに取り込み、iPodに入れて持ち歩くようになったのが最初でした。(たった13年で、色んな娯楽がデジタル化・ストリーミング化しましたな…。)

そこから飛んで、2012年にはKindleを購入し、漫画や小説、書籍などを電子化していくように。

ストリーミングのデビューはAmazonプライムビデオが最初で、確か2015年辺りから観るようになった記憶が…。2016年以降はほとんどNetflixでストリーミングってるけど。

そして2017年。今年ですね。僕はようやくApple Musicへ登録しました。ずっとCD派、所有派だったけど、実際使ってみたら便利すぎてね…。もう抜け出せないの。

まあそんな感じでね、デジタル化・ストリーミング化って完全に「時代」じゃないですか。もう「選択肢」以前の問題で、一択レベルに便利な存在なんですよ。

買うものがデジタルになれば、実物として部屋に残るモノってドンドン減っていきますよね。つまり、デジタル化→ミニマル化にも繋がるのかなって。

娯楽面でも生活面でも便利なストリーミング。今回は僕が歩んできた「デジタル化してきたもの」をちょっとまとめてみました。

書跡はKindle。電子書籍なら何冊でも持ち歩ける

まず何より、多くの人にとって電子書籍はめちゃくちゃにおすすめ漫画文化だもの。

僕はKindleを2012年から使っているんですけど、ちゃんと買うようになったのは2015年辺りから。

それから今日まで、

  • ベルセルク
  • ヴィンランド・サガ
  • キングダム
  • あさひなぐ
  • ドリフターズ
  • もやしもん
  • ゴールデンカムイ
  • Dr. Stone
  • 恋は雨上がりのように
  • 波よ聞いてくれ
  • 宇宙兄弟

などなど、途中まで買い集めているものもあり、諸々の書籍をまとめて僕は現在250冊ほどがKindle内に所有しているらしいです。

250冊も本があったら、それなりの本棚が必要になりますよね。引越しのときとか面倒くさそう。でもKindleは電子書籍。本棚も引越しの手間も不要不要!

僕は32GBのマンガ・モデルっていう大容量なKindle Paperwhite(205g)を使ってるんですけど。これ、500冊以上入るらしいんですよ。容量の平均的に。それだけ入れても持ち歩くのは、Kindle本体205グラムのみ。

改めて考えてみると、これってかなりスゴくない?本ほど「持ち歩くのが面倒な『時間つぶし』アイテム」ってないし、それが205gで何冊でも。ちなみにジャンプ・コミックスの単行本1冊で150gほどなんだって。

外に持ち歩かないにしてもね、ちょっとした暇な時間にサッと漫画が読めちゃうわけで。トイレに行ってるスキに中華統一したり(キングダム)、布団でゴロゴロしながら宇宙を散歩できたり(宇宙兄弟)しちゃうわけ。スゴい。

雑誌はKindle Unlimitedに。

Kindle Unlimited(以下KU)は開始すぐに利用してみたんだけど、何だかんだ「あんま使ってないな」ってことで、一回解約しました。

が、今年2017年に入って急激に「ファッション」にハマり始めて。昔も一回ハマった時期があったし、今回もそういうアレなのかなって。個人的なブーム的な。

数は限られますが、KUで読めるファッション誌はいくつかありまして。それら全部を買うより断然安く上がるし、立ち読みのように疲れることなく、読みたい時に読めるので今では重宝してます。

参考

Kindle Unlimitedは「雑誌だけ」に絞って使うと超便利MAML

2冊以上読めば元が取れるし(KUは月額980円(税込))、今は5冊の雑誌を定期購読状態なのでかなりお得。

Kindle Unlimitedの登録ページへ

音楽はApple Music。金銭・部屋のスペースどちら的にも◎

ホント今更なんですけどね…。今年からApple Musicに登録しまして。これめっちゃ便利なんスよ…!

ずーっと頑なに「CD購入派」だったのは、やっぱり「所有したい」っていうのが強くて。それで年間100枚くらい買ってたんですけど。

まあそれだけ買うとそれなりの出費にもなるし、何よりスペース的に邪魔に感じるようになってきまして。

「ミニマリストになろう」と決意してからは、「CDかさばるな…。一回Apple Music試してみようかな。」っという具合で乗り換えてみたんですね。それがもう大正解。

乗り換える前は

  • 自分のものにならないのが、なんだかなぁ…
  • 聴けるアルバム多すぎて情報過多になるのでは
  • 手元に置けないとなると、毎回検索かける必要がある…?

とか、そういうことを懸念してました。が、これ全部杞憂でした。

  • 大抵のアーティストはApple Musicに音源を置くことに対して肯定的で、曲やアルバムがなくなることはほぼない(所有せずとも半永久所有状態)
  • 聴けるアルバムが多いからこそ、より能動的に音楽を聴くようになった
  • プレイリスト保存ができるので、検索せずとも聴きたい音楽にたどり着きやすい

年間の出費も10万→1万程度になりまして。ライブに行ったりグッズを買ったりと、別の使い方ができるようになったので、とにかく最高な結果に。

正直もっと早くに乗り換えれば良かったなって、一番思ってます。

参考

iTunesに入れた曲をApple Musicプレイリストに総入れ替え。PC容量超スッキリMAML

新譜や関連アーティストをすぐにディグれるのは、利点以外の何者でもない

毎週金曜日は新譜リリースの日なんですけど、Apple Musicに加入してからは週に15〜25枚くらいをプレイリストにダウンロードしています。

ある程度気に入ったやつ、気に入りそうなやつだけでもそれだけの枚数になってしまうので、正直大変かつ面倒です。が、これはApple Music登録以前もやってたし、むしろ「全曲視聴可能状態」で「リリース即聴き込みできる」っていう環境は、趣味的にも豊かそのもの

月間おおよそ100枚程度のペースでアルバムが増えていくため、全部を聴き込むっていうのは流石に無理なんですけど。より多くの音楽に触れ、好みの間口が広がったことは、とても好ましいことだなと。

あとはもう料金ですよね。月間100枚でも1,000枚でも、何枚ダウンロードしても月額980円(税込)。圧倒的に安上がりで部屋のスペースも変わらず。もうやめる理由がありません。

映画はNetflixがメイン。外出せずに観たい映画を探せるメリット

TSUTAYAやGEOが潰れるのもしょうがないね…。Netflix便利すぎるもの…。

Netflixはとにかく「オリジナル作品」の質が高い。オリジナル作品なので、当然Netflixでしか観れません。

数でいうとHuluの方が多いんですけど、「どれを観たいか」で考えると、僕はNetflix一つあれば良いかな、という感じです。

ストリーミングとレンタル。やっぱりストリーミングの便利さには敵わないですよね。

例えばレンタルって、いちいち外出するのが面倒くさいんですよね…。何かの“ついで”で店に行くならまだマシなんですけど、「特に用事がないのに返却は行かなきゃいけない」とかのシチュエーション、マジで最悪ですもの…。

その点、Netflixみたいなストリーミング・サービスは、外出や返却の心配とは無縁。スマホを持って指チャッチャするだけで、観たい映画を探せるという楽さ。デジタルだから返却・延滞料金の手間とは無縁。

あと、レンタル店は立ったまま映画を探すことになるので、店内にいるだけで疲れる。僕はかなり「選ぶ」タチだったので、1時間以上店内をウロつくこともままあったため、これが解消されたのは本当にありがたいなって。

オリジナル作品がドラマ・映画共に高品質。月額700円〜で最高でしかない

Netflixオリジナル作品、ドラマはある程度有名ですけども、映画も高品質なんスよ。11月はひたすらNetflixオリジナル映画観てるんですけど、もうスゴいの何の。

個人の好みもあるけど、

  • ギャンブラー
  • 史上最悪の学園生活
  • ヒットマンズ・ボディーガード
  • 夜が明けるまで
  • バッドママ
  • バリー
  • ウォーマシーン:戦争は話術だ
  • 心のカルテ

この辺は結構多くの人にとっても面白いと思える映画なんじゃないかなと。

で、月額700円〜。一度に使用できるデバイスの数や画質などに差はありますが、700円のプランでも全く問題ありません。

参考

Netflixオリジナル映画を全部観る記事。感想まとめMAML

買い物も。生活用品とかマジで捗るよね

年々、Amazonで生活用品を買うっていうのが当たり前になっていってて。

(実はまだDash Buttonは使ったことないんですけどね、これ書いててちょっと使ってみようかなって思い始めてます。とりあえず米からかな…。)

今は

  • 洗剤など
  • 犬のご飯
  • 化粧品類(洗顔料やワックスなど)
  • 歯磨き粉
  • BRITA 浄水カートリッジ

とかはAmazon頼りになってます。

今結構田舎に住んでるし、ちょっとした山道になってるのもあって、外に出るのが本当に面倒なのよ。だからちょっと「重いな〜」とか「メンドイな〜」とか「これ売ってないやろな〜」とか、そういうのは全部Amazonで対処。

最近は「何でもっと早くにやらなかったのか」と思うくらい、かなり楽をさせてもらってます。ありがたい時代ですよね…。

断捨離もネットで。売れそうなものはヤフオクで売る

要らなくなったもの、ブックオフとかに持って行って売ってたんですけど。最近はヤフオクを使うようになってきました。ある程度高値で売れそうなもの限定ですけど。

即座にモノをなくしたい時はちょっとあれだし、正直面倒くさいなって思う部分はあるけど、お金になるものはやっぱり売った方が良いんスよね…。必要としてくれる人もいるわけだし。

ちなみに、ミニマリストになろうと決めてから、ヤフオクで売るようになりました。「大した値打ちにならないだろうな」ってものは即捨てるようになったし、オークションを始めたことで時短にも節約にもなってありがたい限り。

デジタル化・ストリーミング化は「時代」なので、ちゃんと乗ろう。波に。

今更な話なんですけどね。

でも、TwitterなどSNSでは当たり前にこれらのサービスを使っている人がいるのに、現実世界だと全然広まってないじゃないですか。

もうこれはね、「僕の布教不足のせい」だと。皆が皆そう思えば、もっと早くデジタルが当たり前になるんじゃないでしょうか。ということでね。乗りましょう、波に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です