音声入力でブログ更新。TAZLOGはログ化の一路を辿る…。

voice-input

今日から音声入力でブログを書くことにしました。

今まで音声入力はあまり良くないと思っていたけど、勝間和代さんのブログを読んで、考えを改めることに。

参考

音声入力による生産性の向上は、ざっくり「3倍」くらいのイメージ勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ

使用しているアプリはiPhoneに入っているものではなく、Speechyというものを使っています。

音声をテキストに変換する - Speechy

音声をテキストに変換する – Speechy
開発元:shoki kin
¥480
posted with アプリーチ

最近の音声入力は、予測変換というか、文脈を見て勝手に文章を修正するようで、誤字脱字がかなり少なくなったんですね。

問題があるとしたら、実家暮らしなのであまり声を出せないところ。でも、ボソボソ声でも意外と拾ってくれる。これはシンプルにスゴいし、助かります。

あと、そもそも喋ってブログを書くと言うのに慣れていないため、今のところ、入力速度自体はかなり遅いです。でも楽しい。キーボードを叩かずに文章ができるので、ものすごく楽。

TAZLOGは、そもそも「ログを取る」という意味で始めて、「文章のラジオ」という感覚で書いてきたので、音声入力でブログを更新すると言うのは、一つの理想形ではあるのかなと。

なので、今後もこのブログでは、音声入力でブログを更新していこうと思います。それと、今年は文章量を全く気にしません。SEOとか、そういうのは一旦置いといて、文章を楽しもうじゃないかと、そんな感じでやっていきます。

本年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です